英雄の息子は辺境の孤児院でたくましく生きる 〜死んだはずの親がとり憑いてます〜 (外部サイトで読む

琳太

 三歳らしからぬ思考とハイスペックな頭脳の幼児は、かつて邪神を封印した英雄、聖戦士シュウと賢者リリィの子供として生まれた。
 両親と放浪生活をしていたリュウガは、二歳になる少し前に突然両親と引き離される。
 そして気がつけば見知らぬ土地の孤児院で、別離から一年が過ぎていた。
「両親を探したい」儘ならぬ三歳児の身体で、ふと気付けば母親がそこに?
 透けた身体の母親は自分以外に見えていない。
「え、もしかして幽霊?」「ん〜、わからないけどリュウガと一緒に居られるならいいかな」
 そんな軽い母親のセリフに呆れつつ、極貧の孤児院生活を生き抜くため頑張る幼児のお話です

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    リュウガ
    孤児院
    聖戦士シュウ
    英雄
    賢者リリィ
    両親
    幼児
    邪神
    孤児院生活
    別離
    極貧
    三歳らしからぬ思考
    辺境
    身体
    放浪生活
    頭脳
    幽霊
    軽い母親
    セリフ
    土地

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち