夢月夜~古都あやかし幽玄奇譚~ (外部サイトで読む

あつき

十四歳の少年、賀茂浅葱は都一の陰陽師と謳われる存在であった――。
平安時代を舞台にした和風ファンタジー。十四歳の陰陽師と彼に従う人型の式神たちとの日常、愛の形や葛藤などを描いた物語。
(おそらくはNL寄りのBLです。血の描写など生々しい表現もございますので苦手な方はご注意を。)

※2019年4月、完結いたしました。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち