放課後、僕は彼女に殺される。 (外部サイトで読む

刹那END

椿本 岳は、笠嶋 真琴のことが好きだった。真琴は男性を避けているふしがあり、付き合うのは絶望的だと思っていた。そんなある日の放課後、岳は教室で寝ていた彼女を発見し、起こさないようにと思いつつ、つい彼女の頬を撫でた。起きた彼女にその様子を見られたしまった彼は、頭がパニックになり、突然彼女に告白してしまう。その後、真琴は岳の首元にナイフを突きつけながら言った。

「私と付き合う代わりに、私に殺されてよ、椿本くん?」

椿本 岳と笠嶋 真琴。彼氏と彼女。殺される側と殺す側。二人の歪んだ愛の物語。
――――更新日:2019/11/12――――

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    椿本
    笠嶋
    真琴
    放課後
    彼女
    椿本くん
    ふし
    彼氏
    パニック
    ナイフ
    首元
    更新日
    代わり
    物語
    教室
    様子
    男性

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち