庭の桜が異世界に繋がっていたら (外部サイトで読む

田中スミス

桜間 弥勒(おうま みろく)は満開になった自宅の桜の下で、毎年恒例の1人花見をしているとグラスに桜の蕾が入っていることに気が付いた。
縁起が良いのか? と思いながら残った酒と共に飲み干すと、眩暈を起してしまった。
とっさに体を支えようとして、桜に手をつこうとするが、なんと弥勒はそのまま桜に吸い込まれてしまった。
気が付くとそこは森の中、行く当てもなく彷徨っているときに見たこともない獣に襲われる。
そこに現れたのが、ファンタジーでよく見るような耳の長い人間。
彼女は自らを『エルフ』と名乗った。

『カルディア』という異世界に転移してしまった弥勒が、元の世界に戻る手がかりを探すため、世界を巡る旅に出る。
そんな物語です。

更新頻度は週に1度程を予定していますが、仕事の都合などで隔週での更新になる事もあります。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    弥勒
    異世界
    カルディア
    桜間
    おうま
    みろく
    手がかり
    ファンタジー
    エルフ
    眩暈
    隔週
    縁起
    グラス
    毎年恒例
    更新頻度
    当て
    長い人間
    満開
    都合
    自ら

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち