300年引きこもり、作り続けてしまった骨董品《魔導具》が、軒並みチート級の魔導具だった件 (外部サイトで読む

空地 大乃

あ、ヤバイこのままじゃいかん気がする。300年もの間山奥で引きこもり続け魔導具の開発に明け暮れていたハイエルフのエドソン。しかしある日ふとそんなことを思い立ち、これまでに開発した魔導具を無限収納リングに詰めて屋敷を出た。不安はあった。何せ300年だ。長い年月を掛けて創り上げた魔導具とて、今ではとっくにカビの生えた骨董品扱いではないのかと? だがしかし、え!? 馬のいらない馬車! はい? 転移門設置機? ぎょえー! 誰でも魔法が使える鉄筒だってぇええぇえ! 彼の取り出す魔導具は現在の世界においてもあまりに常識はずれの道具ばかり。そんなチート級とさえ称される魔導具を運びながらハイエルフの魔導具師の旅が今始まった――

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    魔導具
    骨董品
    エドソン
    ハイエルフ
    チート級
    骨董品扱い
    転移門設置機
    無限収納リング
    常識はずれ
    魔導具師
    馬車
    長い年月
    屋敷
    カビ
    鉄筒
    間山奥
    道具
    魔法
    開発
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち