最強眷属の成り上がり ~人間社会では落ちこぼれでしたが、亜人の眷属になったら「覚醒」しました~ (外部サイトで読む

サケ/坂石遊作

 吸血鬼、獣人、エルフ、精霊、天使、悪魔――この世界には人間以外にも様々な「亜人」がいる。
 通常、この世界に生きる人間は十歳前後で能力を得るが、人間の少年ケイルは十五歳にもかかわらず能力を持っておらず、学園では「無能」「落ちこぼれ」と罵られていた。

 そんなある日、ケイルは謎の男に襲撃される吸血鬼の美少女クレナと出会う。巻き込まれたケイルは、クレナによって吸血鬼の眷属になったが――その瞬間、強い力に目覚めた。自身の力を不思議に思いながらも、ケイルは亜人の力が便利であることに気づき、亜人の眷属も悪くないと思い始める。

 ケイルは気づいていなかった。ケイルに宿った人間としての「能力」は、亜人の眷属になることで発動するものであり――眷属にもかかわらず、主を超えてしまう程の潜在能力を秘めているものだった。

 これは、平和に過ごせればそれでいい筈の少年ケイルと、そんなケイルの能力を見抜き、自陣に取り込もうとケイルの争奪戦を始める亜人の重鎮たち(大体美少女)の、戦いの物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ケイル
    亜人
    眷属
    落ちこぼれ
    吸血鬼
    少年ケイル
    美少女クレナ
    成り上がり
    能力
    人間
    最強眷属
    獣人
    エルフ
    自陣
    潜在能力
    精霊
    重鎮たち
    争奪戦
    覚醒
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち