快男児「紀ノ国屋文左衛門」青春伝(前編) (外部サイトで読む

櫻井正

江戸時代の実在した豪商「紀ノ国屋文左衛門」の幼少から青年期にかけての物語です。神社にて柔らと剣修行。
打撃した木から落下した小猿を、介護し仲良くなり猿飛びの術を取得する。
神社に立ち寄った修験者に、紀州流根来忍法を授かり、見る見る上達する。
剣術、根来忍術、合気術、太極拳(カンフ-)を習い滅法強くなりました。紀州藩の命令を受け、ホオジロ鮫の退治を引き受けて見事退治し、褒美に武士名許されて、紀ノ国屋文左衛門と名乗ります。(注意)作品中のホホジロ鮫は最近学術名、ホオジロ鮫となっています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    紀ノ国屋文左衛門
    ホオジロ鮫
    合気術
    カンフ
    紀州流根来忍法
    快男児
    根来忍術
    ホホジロ鮫
    修験者
    作品中
    青年期
    小猿
    豪商
    太極拳
    紀州藩
    褒美
    江戸時代
    神社
    剣術
    剣修行

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち