夢幻の旅 (外部サイトで読む

Inazuma Ramone

書店に勤務する世良田光平が五十歳の誕生日を迎える春、店に町田蛍が買い物に来た。
過去の恋人に似た面差しの蛍は頻繁に来店するようになり、なぜか光平を慕い付き纏う。
光平は、そんな蛍に過去の恋人・明子を重ね合わせ、年甲斐もなく心をときめかせる。
仕事が終わるころ現れる蛍と、いつからか店舗横の小川で話してから帰るようになった光平に、運命は残酷な現実の歯車を回しはじめた。
※第4回ツギクル小説大賞奨励賞受賞作

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    面差し
    歯車
    明子
    町田蛍
    世良田光平
    小川
    書店
    運命
    第4回ツギクル小説大賞奨励賞受賞作
    恋人
    年甲斐
    夢幻
    誕生日
    現実
    光平
    買い物
    店舗横

    Web Services by Yahoo! JAPAN

お知らせ

2020年1月28日
第4回ツギクル小説大賞・奨励賞受賞作「夢幻の旅:第三十ニ話」掲載しました。今回で完結です。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち