異世界に召喚されなかったから、現実世界にダンジョンを作ってやりたい放題 (外部サイトで読む

日富美信吾

「一週間後、勇者として異世界召喚されるから身辺整理しておいて」と女神に言われたとおり、会社を辞め、家族や友人に今生の別れを告げた主人公・山田田助だったが、一週間後、再び現れた女神は言った。
「ごめ~ん。人違いだったわ。勇者として異世界に召喚されるのは別の人」
 救済措置として女神から授かったスキルは異世界召喚されてこそ役に立つと思い込んでいたが、現代社会でも役立つことを発見。
 それは『異世界ストア』という、異世界でこの世界のものを購入できるはずのスキルだったが、この世界においては逆に異世界のものを購入できるという代物だったのだ。
 異世界で売買されているものなら、どんなものだって何だって購入できるこのスキルを使って、田助はこの世界にダンジョンを作り、やりたい放題することに決めた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    ダンジョン
    スキル
    女神
    山田田助
    勇者
    異世界ストア
    放題
    救済措置
    今生
    身辺
    代物
    現代社会
    とおり
    主人公
    現実世界
    放題すること
    別れ
    一週間後
    友人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち