Broken Memories〜いつか見たあの空は〜 (外部サイトで読む

相沢毬藻*

小さい頃暮らしていた場所、柏木。

父子家庭の家で、父の海外への長期の出張と夏休みが被ってしまい、親戚の家で1ヶ月暮らすこととなった主人公、武村裕太は何年ぶりかに降り立った柏木の地で、黒髪の美しい少女と出会う。

「久しぶり」

そう言う彼女の事は全く記憶にない。
でも、目が耳が肌が彼女を知っていると訴えてくるのだ。

これは、どこにでもある集落の、どこにでもある小さな言い伝えと、小さい頃の記憶と少女の物語。

少し、不思議な物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    長期
    Broken Memories
    柏木
    武村裕太
    言い伝え
    小さい頃
    父子家庭
    物語
    彼女
    記憶
    美しい少女
    集落
    黒髪
    主人公
    何年ぶり
    夏休み
    親戚
    1ヶ月暮らすこと
    出張
    海外

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち