スーツアクターだった俺が異世界で戦隊始めました! (外部サイトで読む

桐生連

遊園地でヒーローショーのスーツアクターをしている青年猿渡涼はある日憧れだったレッドのスーツをこっそり着た。ヘルメットを脱ぐと、そこは異世界で本当に悪の軍団がいた。そこで身体が宝石のティラノサウルスに選ばれ異世界で本当に戦隊をする事になった。
個性的すぎる種族と戦隊を結成!?
誰も見た事がない異世界戦隊ストーリー爆誕!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    スーツアクター
    異世界戦隊ストーリー爆誕
    ティラノサウルス
    青年猿渡涼
    ヘルメット
    ヒーローショー
    遊園地
    種族
    宝石
    軍団
    レッド
    結成
    憧れ
    身体

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち