龍の子、育てます。 (外部サイトで読む

祖父が死んだ。
親族一同が集って行われた遺言書開封、発表された遺産は全部で二億。
そのうち、五割の一億を持って行ったのは、遺言書に『龍の子』と記された、幼い少女だった。

遺言書にて父親として指名された駿河詩音は、流されるまま龍の子『龍音(りと)』のお世話を開始する。
そんなある日、詩音は龍音が人ならざる力を発揮する現場に遭遇し、彼女が普通の子供ではない事に気づく。
詩音は、龍音と共に過ごし絆を深める一方で、彼女の正体について知っていく……。


家族と絆を描くほのぼの(?)子育て奮闘記開幕!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    遺言書
    駿河詩音
    遺言書開封
    龍音
    子育て奮闘記開幕
    ほのぼの
    親族一同
    幼い少女
    彼女
    祖父
    ざる力
    正体
    遺産
    父親
    お世話
    一方
    現場
    全部
    家族

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち