自己顕示欲の強い妹にプロデュースされる事になりました (外部サイトで読む

しらいしマサル 

人は誰でも自己顕示欲を持っている。それが大きいか小さいかの違いはあるが。

中学時代からヲタクでぼっちだった主人公は高校一年の終業式の後、自分の所為で虐められている妹を見てしまう。
妹は気丈に振る舞っていたが、自分の所為で妹が虐められるのは嫌だと奮起する。
「どうすればリア充になれる?」
この言葉を切っ掛けに妹プロデュースの元、リア充になるべく特訓を開始する。
そんな中、妹の思惑を知った主人公だが、妹の為に学校一のリア充を目指すのだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    自己顕示欲
    リア充
    所為
    学校一
    切っ掛け
    主人公
    妹プロデュース
    ヲタク
    ぼっち
    特訓
    思惑
    終業式
    中学時代
    強い妹
    自分
    高校一年
    言葉

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち