ミュレス帝国建国戦記 ~民族の明日のために~ (外部サイトで読む

トリーマルク

港で毎日、ただ荷の重量を量る仕事をしていたエレーシーは、首都から来た教科書売りが忍ばせた一冊の禁書をきっかけに、支配者民族:天政府人に立ち向かい、自分たち「ミュレス民族」の国を創ると決意した。

仲間達3人で始めたチームは、次第に5人、10人と増えていき、ついに数千の軍隊を擁する「ミュレス国」となって天政府に戦いを挑む。

エレーシー達「ミュレス民族」が天政府人の圧政に立ち向かっていった結果とは?
そして、目的の揃った民族の向かう先にあるものは?

一度は国を失い、他民族の下僕となった民族が再び「国」を取り戻すまでの建国戦記

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    エレーシー
    ミュレス民族
    ミュレス帝国建国戦記
    他民族
    エレーシー達
    支配者民族
    圧政
    天政府人
    ミュレス国
    下僕
    教科書売り
    禁書
    軍隊
    きっかけ
    首都
    重量
    戦い
    チーム
    目的

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち