大怪獣異世界に現わる ―雇われ労働戦記― (外部サイトで読む

轆轤百足

 非王道かつ非ハーレムです。
 魔術はあるけどあまり役に立たず、チートがあっても無理なものは無理です。
 SF 要素ありの、異世界ファンタジーです。



 日本は未曾有の危機に陥っていた。
 とある炭鉱から突如現れた、原始の大怪獣。
 現代兵器が通用せず人類は、なす術がなかった。
 政府は、ついに日本からの脱出を発動する。
 避難中に怪獣に襲撃され瀕死の重症を負った青年“村戸立人”は最後の足掻きとばかりに怪獣に挑むが、かなうはずもなく喰われてしまう。
 だが彼は生きていた、目覚めた場所は魔術や魔物が存在する異世界。そして自分の今の姿に驚愕するのであった。それは……超生物との一体化。
 そして転移された理由も分からず、新しき生活が始まった。
 現実の巨大怪獣と神秘のファンタジーが、おりなす無限戦記が待ち受ける。 
 ――万物の終着点が咆哮するとき、悪魔も神々でさえも逃げ出す。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    万物
    炭鉱
    瀕死
    原始
    怪獣
    チート
    重症
    魔物
    神々
    無限戦記
    青年&ldquo
    巨大怪獣
    SF
    魔術
    足掻き
    脱出
    ファンタジー
    労働戦記
    人類
    終着点

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

a href="https://www.alphapolis.co.jp/cont_access2.php?citi_cont_id=311250186" target="_blank">小説家になろう 勝手にランキング

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2019/03/24 08:10:13

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は537aiと判定されました。
ファンタジー作品の中でも珍しい設定がたくさんありますね。
テンポが良い作品ですね。
全体の印象からすると、SFの要素も多くみられますので、より意識してみても良いかもしれません。
読み手がスムーズに読み進められるよう意識して書かれていますね。
若干同じ表現がされている箇所が目立つので、いろんな表現を入れるよう意識してみてください。

楽しい仕掛けたっぷりの作品で、大満足でした。
ファンタジーならではの各種分析結果や類似作品も是非ご覧ください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
これからも引き続き創作活動を応援しております!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      14文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      17文字

      句読点の間隔が長いかな

    • 改行までの文字数

      17文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      29.93

      名詞が多いかな

    • 動詞の出現率

      9.76

      動詞が少ないかな

    • 接続詞の出現率

      0.0792

      接続詞がちょっと少ないかな

    • 受動態の出現率

      1.0598

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      37.88

      ひらがなが少ないかな

    • 特殊語の出現率

      16.65

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      9:1

      セリフがちょっと少ないかな

    • 空行率

      18.00

      空行が少ないかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      72

      表現力が豊かだね

    • 単語の重複率

      38.59

      かなり多くの単語 を使っているね