異世界の派遣業 (外部サイトで読む

へちま

相平翔はニートだった。
大学へも行かず、働いてもいなかった。
しかしある日家族に仕送りで生活していることがバレて、就職活動をせざるを得ない状況に追い込まれてしまう。
就職活動第一日目の朝。
まずは派遣社員から始めようと登録会場を訪れたその日。
翔は突然異世界へと飛ばされ、なりゆきで冒険者ギルドの従業員として働き始めるのだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    なりゆき
    冒険者ギルド
    就職活動
    仕送り
    派遣社員
    従業員
    派遣業
    バレ
    平翔
    就職活動第一日目
    登録会場
    大学
    状況
    家族

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち