駿足の冒険者 (外部サイトで読む

はるあき

靴屋でアルバイトをしながら、ふつうの大学生活を送っていた主人公の西東はじめは、ある日子供をかばって交通事故で死んでしまう。
死後、謎の機械音声にに天国行きか転生の選択肢を迫られ、憧れの異世界に転生した。
そしてステータスを確認すると、はじめは何故か神の靴を履いていた。

これは、神の靴で神がかったスピードを手に入れたはじめが、音速を越えようと頑張ったり、走って竜巻をおこしたり、喫茶店のマスターと冒険者の二足のわらじで暮らしたりする物語。
#当作品はフィクションです。実在する人物・団体・作品などとは関係がありません。

//2019年3月に完結しました

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    冒険者
    二足のわらじ
    フィクション
    駿足
    西東はじめ
    ステータス
    異世界
    音速
    アルバイト
    靴屋
    機械音声
    ふつう
    転生
    死後
    喫茶店
    選択肢
    マスター
    竜巻
    スピード
    交通事故

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち