監禁された私には、時空の監視者の愛情は伝わらない

茂栖もす

私、五十鈴 朱里は辛い現実から逃げ出したくて自殺した………つもりだった。

けれど、目が覚めたらそこは異世界だった。そして時空の監視者バルドゥールに監禁され、無理矢理抱かれる日々。

彼が私を抱くのは愛情からではない。時空の監視者という義務感から。

神様、これは自ら命を絶とうとした罰なの?

そんな絶望と凌辱で壊れかけた私には、彼の不器用な想いは伝わらなかった。

※R18部分には♪が付きます。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    監視者バルドゥール
    時空
    R18部分
    五十鈴
    義務感
    愛情
    異世界
    凌辱
    朱里
    絶望
    辛い現実
    自ら命
    神様
    想い
    日々

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は読者に評価されています。
評価はこのページで出来ますよ。

クルミちゃん

あなたも読んで評価してみてね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち