1万年生きた不老不死の俺、死ぬ方法を探して旅してたら何故か英雄になってた

未来人A

「生きるの飽きた……」
一万年生きた不老不死の俺ペレス・ギャントル。遂に生きるのに完全に飽きてしまう。
魔女に不老不死の呪いをかけられた時は、「これは呪いじゃなくて祝福だろ!?」と言って喜んでたあの時の俺を今は殴りたい。死ねないってつらい。ずっと生きてたらそりゃ飽きる。気が狂いそうになる。正直5千歳になった辺りから限界が近づいていた。それでも何とかやろうと頑張った。色々やって暇を潰そうとした。

でも、もう無理! 限界だ!

俺は家を出て呪いを解いて死ぬための旅をする事に。
1万年生きた俺は、暇つぶしに強くなってみたりして無駄に強いし、色々知識を持っていたりもするので、それらをフル活用して旅をしていたら、何か各地で起こったトラブルを知らず知らずのうちに解決していた。そのせいで英雄扱いされるようになる。
英雄扱いされている俺は色んな奴らに頼られ始めて、死ぬ方法を見つけるのがだんだん遅れてくる。

「一体、いつ俺は死ねるんだよ!?」

俺は心の底から叫ぶのであった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    不老不死
    英雄
    呪い
    俺ペレス・ギャントル
    限界
    暇つぶし
    心の底
    トラブル
    それら
    方法
    奴ら
    魔女
    各地
    一体
    知識
    正直5千歳
    うち
    1万年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。もう読んでみましたか?

クルミちゃん

え、まだ読んでいません?!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち