幼女エルフ保護観察日記(おさなエルフほごかんさつにっき)

小坂みかん

※タイトルはアレな感じですが、ごく普通(?)の恋愛&飯テロ話です。


俺こと〈吉澤拓郎〉は、ごく普通のサラリーマンである。
特技と言ったら、料理が好きなことくらいだ。
もちろん、彼女はいない。

そんな俺の寂しいワンルームに、ある日突然エルフの幼女がやって来たのだが――!?


「タクロー、私のことを精一杯満たしなさい!」


保護して、世話して、満たしてあげて!
そして目指すは、異世界ハーレム!?


――これは、そんな野望に燃える俺が生活風景を織り交ぜながら書き留めた、〈幼い姿をしたエルフの彼女についての観察日記〉である。


表紙イラスト:ニセオジロ様(@niseojiro)

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    niseojiro
    おさなエルフほごかんさつにっき
    幼女エルフ保護観察日記
    タクロー
    異世界ハーレム
    吉澤拓郎
    ニセオジロ様
    寂しいワンルーム
    サラリーマン
    彼女
    野望
    恋愛&飯テロ話
    特技
    イラスト
    幼い姿
    タイトル
    生活風景
    アレ
    料理

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

*記録日記*

記録1 俺の家の中で幼女が行き倒れていたんだが
更新日:2019年02月25日
記録2 とりあえず、踏み台を明日にでも買ってくると約束した
更新日:2019年02月25日
記録3 文明の利器を見せつけたら、めっちゃ感動された(前編)
更新日:2019年02月26日
記録3 文明の利器を見せつけたら、めっちゃ感動された(後編)
更新日:2019年02月26日
記録4 踏み台×2、突っ張り棒×1、シャワーカーテン×1
更新日:2019年02月26日
記録5 その扉は開けてはならないと、俺は堅く誓ったのだった(前編)
更新日:2019年02月26日
記録5 その扉は開けてはならないと、俺は堅く誓ったのだった(中編)
更新日:2019年02月26日
記録5 その扉は開けてはならないと、俺は堅く誓ったのだった(後編)
更新日:2019年02月26日
記録6 何かよく分からんが、とりあえずフラグがひとつ立ったっぽい
更新日:2019年02月26日
記録7 一人でガスコンロを使わせるのは、絶対にやめよう……
更新日:2019年02月26日
記録8 その言い訳、世界共通なんだな
更新日:2019年02月26日
記録9 満たしているのか、満たされているのか
更新日:2019年02月26日
記録10 この胸の苦しみは、一体何なんだ?
更新日:2019年02月26日
記録11 ハマりすぎだろ!
更新日:2019年02月26日
記録12 俺だってその幸せを手折りたくはなかったんだよ
更新日:2019年02月26日
【クリップ】価値観を更新するか、それとも
更新日:2019年02月26日
記録13 ねえ、俺は……?
更新日:2019年02月26日
記録14 立場逆転かよッ!
更新日:2019年02月26日
【クリップ2】相手先の文化を知るべし。そして……
更新日:2019年02月26日
記録15 くっ、営業職の名折れ!
更新日:2019年02月26日
記録16 俺が目指すべきものは、まさにコレ
更新日:2019年02月26日
記録17 現実と目標、再確認
更新日:2019年02月26日
記録18 ヒーローの脂質
更新日:2019年02月26日
記録19 これは正直、嬉しくないんだが
更新日:2019年02月26日
記録20 とりあえず、俺にもその写真送ってくれよな
更新日:2019年02月26日
記録21 それがお前の幸福に繋がるのなら、有給だってなんだって使うさ
更新日:2019年02月26日
記録22 本当にごめん
更新日:2019年02月26日
記録23 幸せは脂肪と糖でできているから、仕方がない
更新日:2019年02月27日
記録24 報われたっていうか、捨てたもんじゃないんだなっていうか
更新日:2019年02月27日
【クリップ3】遊園地の半券 そして、走り書き
更新日:2019年02月27日
記録25
更新日:2019年02月27日
【クリップ4】ルシアの置き手紙 備忘録 そして……
更新日:2019年02月27日
【追記】
更新日:2019年03月29日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち