伯爵令嬢(元)は変なものを食べたい ~ゲデモノ食で耐性の極まった冒険者の話~ (外部サイトで読む

ふじはら啓二郎

その娘、ゲデモノ好きにつき。

伯爵令嬢として生まれた『シルヴィア・バーグストン』は容姿端麗ながら悪食趣味で、腐ったリンゴ程度であれば、喜々として口に入れるような人間だった。
そんな食生活が幸いしたか、毒殺事件により一族が殺される中、彼女だけが生き延びた。

しかし、それがきっかけで更なる面倒事に巻き込まれていく事になる。

それでも「ああ、幸せ……」と、彼女はいつも通り歪んだ悪食を行うのである。
その体が人間の領域を逸脱し始めている事に気付きつつも――

---------------------

コメディ寄りですが、文章は重ためです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ゲデモノ
    伯爵令嬢
    悪食
    ゲデモノ食
    ゲデモノ好き
    シルヴィア・バーグ
    悪食趣味
    冒険者
    コメディ寄り
    毒殺事件
    食生活
    リンゴ程度
    耐性
    彼女
    容姿
    一族
    きっかけ
    人間
    領域
    文章

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち