なずな姫はパンティーをはかない。むしろ奥江戸幕府に喧嘩を売りに行く!

ときわまこと

パンティーとはなんぞや?

いかろの国の最北の小国・夕鶴城城主なずな姫の元に、輝夜城の使者を名乗る女があらわれる。
使者が持ってきた書状は、夕鶴城の命取りになる無理難題。交渉が平行線をたどるなか、使者はおもむろに着物のすそをまくって見せる。
西方より渡ってきた、女子がはく下着だと言うが……

幼馴染のすずめ姫も巻き込んで、輝夜城を目指す珍道中。

パンティーから始まる、いたって真面目な和風ファンタジー活劇、ここに開幕!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    パンティー
    使者
    夕鶴城城主なずな姫
    奥江戸幕府
    和風ファンタジー活劇
    無理難題
    輝夜城
    命取り
    平行線
    書状
    珍道中
    最北
    すずめ姫
    幼馴染
    すそ
    小国
    西方
    下着
    交渉
    着物

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。
どんな小説なのか、いろんな情報を見ることができます。

クルミちゃん

面白そうな小説だね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち