オトガミエル (外部サイトで読む

いと

 幼少期に、少女エルはネズミに噛まれました。
 それから体は病気に蝕まれ、やがて目が見えなくなりました。

 そんなある日、外から一つの音楽が聴こえました。

 目は見えなくても音があれば歩けるエルは、音楽を頼りに外へ出ます。そしてその音楽を演奏していた男性ジルと出会い恋に落ちます。

 そして毎朝ジルの音楽を頼りに外へ出て出会い、楽しい日々を過ごします。そして……


 幸せとはなんだろう。そう思いながら書きました。気に入っていただければ幸いです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    オトガミエル
    頼り
    音楽
    毎朝ジル
    幼少期
    ネズミ
    少女エル
    男性ジル
    楽しい日々
    病気
    一つ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち