古民家を改装したらエルフと出会いました。 (外部サイトで読む

美莉亜

 俺は都内の中小企業に勤めるサラリーマンだった華房将生。
親父の死をきっかけにスローライフを夢見て田舎にIターン。
だが、これが災い全てのはじまりだった……

 新しく引っ越した村で『村民共同絶交状』なる物を家に貼られ
俺は様々な嫌がらせを受けた結末として家を燃やされ、
松明を持った村民達に追い立てられ森へと逃げた。
 全てを失い絶望の底に居た俺は、
森にあった小さな祠で藁にも縋る思いで膝をつき掌を合わせて願う。

『何者にも脅かされない平和な日常』を

次の瞬間、周辺が軽やかな白い光に包まれ気を失った。

 気が付いた時にはどうやら異世界に飛んでいた。
俺はレティシアさんと言うエルフに拾われ、
精霊の扱いを教え込まれる事となるのだが……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    レティシア
    Iターン
    エルフ
    華房将生
    村民共同絶交状
    異世界
    嫌がらせ
    中小企業
    サラリーマン
    松明
    古民家
    スローライフ
    はじまり
    災い全て
    精霊
    村民達
    きっかけ
    何者
    結末

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち