ダンジョンが出来たら、私の部屋がみんなのたまり場になった件について (外部サイトで読む

早坂明

ある日世界にダンジョンが現れた。
そして、ダンジョンを造った者はテレパシーで全世界に告げる。
『みなさん、ダンジョン内のモンスターは定期的に間引く必要があります。一定期間、間引きが行なわれなかったダンジョンからはモンスターがあふれ出します。モンスターはダンジョンの外に出るとやがて死にますが、死体を放置すると不衛生です。定期的に間引きを行い、モンスターがあふれ出ないようにしましょう』
いや、テレパシーなんて超技術を使って何を言っているんだろうこの人は、とみんな思ったわよ。
そもそも、誰もダンジョンなんて造ってくれと頼んでもないのに、何でこの人はそんなものを造ろうと考えたのかしら。
その数日後、私の部屋にダンジョンが現れた。
平日は、学校や仕事がある私たちに代わり、お祖父ちゃんとお祖母ちゃんが、ダンジョンの間引きをすることになった。
これは、そんなダンジョンのある日常のお話。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ダンジョン
    モンスター
    テレパシー
    間引き
    お祖父ちゃん
    お祖母ちゃん
    たまり場
    ダンジョン内
    死体
    一定期間
    みんな
    超技術
    みなさん
    部屋
    全世界
    平日
    数日後
    日常
    お話
    学校

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち