勇者のいない世界で (外部サイトで読む

白瀬曜

 かつて、少年、遊馬宗耶と幼馴染の少女達は、魔王と勇者の名を借りた遊びに興じていた。
 彼らが高校生になった頃、幼馴染の一人、佐久間謳歌はその遊びを『ゲーム』として再開していた。
 片一方の陣営は、謳歌に殺意を抱くもう一人の幼馴染、白樺由実を始めとした超常の力の所有者達。彼らともう一方、魔王を名乗る謳歌ただ一人を相手とした闘争を謳歌は『ゲーム』と呼んだ。
 そんな『ゲーム』の中、やがて謳歌が投入した一人の少女により、事態は少しずつ壊れ始めていく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    謳歌
    幼馴染
    謳歌ただ一人
    魔王
    片一方
    白樺由実
    勇者
    佐久間謳歌
    ゲーム
    遊馬宗
    少女
    彼ら
    殺意
    陣営
    闘争
    所有者達
    遊び
    高校生
    事態
    少年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち