神顕す能士リカク (外部サイトで読む

夜弓神楽狐之灯矢

あらすじ

落ちこぼれであることを自覚して、何となく毎日を過ごす高校2年生の菟上リカク。
そんなリカクはいつからか原因不明の白昼夢に苛まれるようになった。

ある晩、リカクは夜道を逃げ惑うクラスメートの伊舞みかこと遭遇する。
その事件をきっかけに、リカクは神隠しを教唆する闇の組織の存在を知ることになる。

伊舞を救いだす決意をしたリカクは、次第に特殊な能力を開眼させていく。
そして自身の過去と向き合い、その残酷な運命に抗っていく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    リカク
    伊舞
    菟上リカク
    神顕す能士リカク
    クラスメート
    落ちこぼれ
    神隠し
    白昼夢
    伊舞みかこと
    あらすじ
    夜道
    きっかけ
    決意
    運命
    組織
    能力
    事件
    原因
    過去
    自身

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち