魔法少女未完成1

渋谷かな

2018年。師匠も走る12月20日。
 ここは渋谷のマンションの屋根裏部屋。
「ああ~私の今年の目標が、まだ叶っていない!?」
 一人の女子高生、ゲームで遊ぶ暇もない渋井栞が叫んでいた。
「私、今年、何もしてなかった!?」
 そう思う人は年末に多いのではないだろう。
「よし! 諦めて、来年がんばろう!」
 人間、前向きが一番である。
「エルメス様、諦めたら、そこで終わりですよ。そんなことを言ってるから、夢が叶わないんですよ。」
「そうそう。夢は見るものではなく、叶えるものですよ。いいかげん、夢を叶えて下さいよ。」
 そこに人間の言葉を話す犬のケーリーと猫のバーキンが現れる。渋井栞=エルメスである。
「ケーリー!? バーキン!? あんた達、生きてたの!?」
「勝手に殺さないで下さい!?」
「いいですよね。エルメス様はちょこちょこ他の作品にも登場するから!?」
 ケーリーとバーキンは、渋井栞のペットであり家族である。
「私の夢。「魔法使いエルメス降臨祭2018」を渋谷のスクランブル交差点で華々しく行う予定だったのに、まだ叶っていない・・・悲しい。」
 書籍化どころか、アニメ化、エンターテイメントのメディアミックスされていない。悲しい。夢が叶うはずなかった。敗因は、1作を続けて書かないで、新しい作品を多数書いたこと。日常でもいいから、1作を書き続けていれば良かったと後悔。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ケーリー
    バーキン
    渋井栞
    エルメス
    魔法少女未完成1 2018年
    エルメス様
    エンターテイメント
    スクランブル交差点
    魔法使いエルメス降臨祭2018
    女子高生
    渋谷
    敗因
    屋根裏部屋
    マンション
    メディア
    人間
    前向き
    あんた達
    ペット

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

ありがとう。