レベルMAX錬金術師がゲームと少し違う異世界に転移したけど、下町で冴えない薬屋をやってたら訳あり少女を拾ってしまって (外部サイトで読む

ぽんぽんた

 あるひとりの男が死んだ。男は生前、とあるゲームにはまっていた。そのゲームに似た異世界に、レベルMAXまで育てた錬金術のスキルを持って転移することになる男。
 
 そして男はゲームの時の名前であるカルドと名乗り、異世界の片隅でしがない薬屋のオヤジとして生きていくことにした。

 しかし、平穏には程遠く。予言に謡われた脅威が世界に迫り始める。
 北から迫る脅威は様々に姿を変え、カルドとその周囲の人々にも、その悪意の牙を剥く。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    カルド
    異世界
    薬屋
    ゲーム
    脅威
    レベルMAX錬金術師
    訳あり少女
    少し違う異世界
    生前
    オヤジ
    予言
    下町
    片隅
    スキル
    周囲
    ひとり
    人々
    名前

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち