小さな死神と老いた魔術師 (外部サイトで読む

harukiseri

 幾千年の時間を生きるとある魔術師がいた。彼は他人と触れ合わずに長い時を過ごしてきた。ある時出会ったのは、一人の小さな少女。彼女は自らを旅人と名乗ったが、あまりにも幼すぎる彼女に魔術師は首をかしげた。そして行き場のない彼女に「短い期間だけ一緒に過ごそう」と話した。
 孤独な魔術師と孤独な少女が出会い、それぞれの寂しさを抱えながら共に過ごしていく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    魔術師
    幾千年
    行き場
    少女
    彼女
    死神
    旅人
    短い期間
    それぞれ
    他人
    自ら
    長い時
    一人
    時間

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち