エンシェントソルジャー ~古の守護者と無属性の少女~

ロクマルJ

世界は魔法に満ちている
誰もが身近に魔法を使役していた
しかし魔法は神話の神々の様な力も無ければ
おとぎ話の様な万能で都合の良い物では無かった

魔の物に怯え暮らす人々は先人から英知を学び、魔法機械を産み出す

魔法が存在するよりも遥か昔、人は天に都市を浮かべ星の海にすら手が届いたと言う

それは決して出会う筈の無い古の兵士と魔法の使えない少女の話

※書き物初挑戦となります、拙い文章でお見苦しい所も多々あるとは思いますが
 しっかり物語として切りがつく所までは書き進めて行くつもりですので
 もし気に入って頂ける方が良ければ幸しく思います
 出来るだけ1日1回の投稿ペースを維持して行けるよう頑張ります
 よろしくお願いします

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品を評価した読者がいますよ。
ファンが付いているのかもしれませんね。

クルミちゃん

どんな評価になっているのかな?

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち