世界の半分をやろう(震え声)と言われたけど、余裕で勝てそうなので全部もらってみた。 (外部サイトで読む

あざね


「お、おお、お前に世界の半分をやろうではないか!」
「え!? 俺はただの村人ですよ!?」

 ある日のこと。
 魔王城に一人の青年が訪れた。魔王、サタンナはその青年を勇者だと思った――が、彼はただの『農民』だったのである。しかし、規格外の力を保持する村人、リク。

 そんな彼は魔王から事情を聞いてある決断をし、こう告げる。

「なら、いっそ……俺にちょうだい! 世界全部を!」――と。

 果たして世界の支配権を手にしたリク。
 すると、そんな彼のもとには『勇者』だとか何とかが色々やってきて……。

 これは、ドッタンバッタン大騒ぎな異世界物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    サタンナ
    ドッタンバッタン
    魔王
    村人
    リク
    勇者
    青年
    規格外
    震え声
    ちょうだい
    異世界
    半分
    農民
    魔王城
    支配権
    決断
    世界全部
    事情
    もと

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち