ぼくのかんがえたりそうの賢者! (外部サイトで読む

あざね

かつて一人の男がいた。
 学祖、そして流派の頂と呼ばれ、大賢者と呼ばれた男が。
 人々はその男を賞賛し、憧れを抱き、崇拝した。しかしその男にとって、それは思っていた結果と異なっていたのである。

「違う。これは、理想の賢者とは程遠い」――と。

 彼が憧れを抱いていた理想の賢者。
 それとは、人々を陰から助け、そして守っていく存在だった。
 しかし彼の歩んだ一つ目の人生は、努力は、思っていたものとは違う形。そのため大賢者は決意した。次こそは、失敗しない、と。

 果たして彼は転生を果たす。
 そして、一人の少年――リード・シルフドとして、理想を追いかける。

 これは己の胸に秘めた理想の賢者を目指し、陰から人々を救う少年の物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    賢者
    リード・シルフド
    理想
    大賢者
    人々
    りそう
    憧れ
    少年
    一つ目
    流派
    転生
    学祖
    一人
    ぼく
    物語
    努力

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち