撃て、流星のごとく ~農民の少年は、進化する魔銃で戦国を成り上がる~

友理 潤

時は戦国。舞台は遠江国の井伊谷という小さな里。

そこに不思議な銃を手にした少年がいた。
農家の次男として生まれた彼は、「いつか侍になりたい」という憧れを抱いていたが、叶わぬ夢とあきらめていた。
そんな彼が若き女城主、井伊直虎と運命的な出会いを果たす。

「直虎様を守りたい」

その一心で少年は、銃を手にして敵に立ち向かっていく。
そして彼の持つ不思議な銃は、『進化する銃』であった。
果たして彼は銃とともに、直虎と里を守ることができるのか!?

スカッとする爽快な展開。
身分差、年の差を越えた甘い恋。
読みやすさとアップテンポにこだわった戦国ファンタジー。

こんな物語が読みたいという作者の妄想がつまった作品です。
是非、お楽しみくださいませ。

※この物語はフィクションです

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この小説について紹介しているページです。
気になったら是非読んでみてください。

クルミちゃん

ハマっちゃうと寝られないから。ご注意!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち