底辺と呼ばれた魔術師が、ロリっ娘魔術師を育てることになりました。 (外部サイトで読む

南郷 兼史

 魔法や魔術を扱う血族の中で底辺だといわれる『アルジェント』の血統を持って産まれたディマは、魔術師協会の中でも不遇な扱いを受けていた。

 魔法といえば炎や水、雷といった豪快で花形的な存在を思い浮かべるだろう。しかし、ディマはそれらの魔法も使うことができるが、好んで使うことはない。
 彼の魔法は異質だ。それはケイ素を含むものを生成し、その物質を変質させた武器で戦うという非常に地味なものであった。

 ある日、魔術世界を牛耳る『A.a.(金の鷹)』メンバーの一人が不出来な娘アンヴィを生贄にし、禁術を成そうとしていた。そんな少女をディマは――

彼らのほのぼのした日常を描くファンタジー。ただし、非日常は突然訪れるもの……


※この作品は、第四回書き出し祭りにて参加した作品を長編小説にしたものです
※一部非人道的かつグロテスクな描写があります

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ディマ
    魔術師
    アルジェント
    魔法
    底辺
    A.a
    長編小説
    娘アンヴィ
    ケイ素
    ファンタジー
    血族
    魔術師協会
    ロリっ娘魔術師
    生贄
    第四回書き出し祭り
    魔術世界
    血統
    作品
    描写
    禁術

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2019/01/11 00:10:09

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は460aiと判定されました。
ファンタジーだけでなく、様々なジャンルの要素が散りばめられているようですね。
なかなかバランスが取れた作品ですね。

読み手がスムーズに読み進められるよう意識して書かれていますね。
あとは分析結果の「文章の傾向」を参考に調整をしてみると、より良くなると思います。

楽しい仕掛けたっぷりの作品で、大満足でした。
これからも色んなジャンルの作品を読ませてくださいね!
この作品に似ている傾向の作品があるみたいです!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      13文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      14文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      16文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      18.65

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      12.33

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.1786

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.6952

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      45.78

      ちょうどいいね

    • 特殊語の出現率

      18.79

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      8:2

      セリフが多いかな

    • 空行率

      25.84

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      76

      表現力がかなり豊かだね

    • 単語の重複率

      35.62

      かなり多くの単語 を使っているね