人形狂想曲 (外部サイトで読む

オーメル

 ――我等、真に忠を尽くす者なり――

 西暦2067年一月一日。元旦のその日に、世界は地獄に叩き落された。
 世界各地で開いた五ヶ所のワームホール。そこから溢れる怪物の群れ。対抗する人類はしかし、圧倒的な物量によって飲み込まれかけていた。
 その時、希望の芽は確かに生まれたのだ。そして最初にソレを発見した学者は、自身の死と引き換えに希望を完成させた。
 人間と機械の融合の果て。オーバーテクノロジーの結晶。人類の守護者。
 彼等・彼女等はただ一つの意志の為に、稼働を続ける。――人類を守るのだと。
 
 これは、地獄と化した世界で足掻く男と守護者の話。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    守護者
    人類
    オーバーテクノロジー
    人形狂想曲
    地獄
    ワームホール
    引き換え
    物量
    我等
    希望
    怪物
    彼等
    結晶
    果て
    ソレ
    群れ
    融合
    学者
    意志
    世界各地

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち