悠々自適な高校生活を送ろうと思ったのに美少女がそれを許してくれないんだが (外部サイトで読む

逸真芙蘭

 高校に入って俺は山岳部に入部した。先輩のいないこの部活で悠々自適な高校生活を送ろうと考えたのだ。 
 しかし、同じく山岳部に入部した美少女、綿貫さやかならびに、幼馴染の雄清と佐藤は、定期的に厄介ごとを持ち込んでくる。
 なんで俺が巻き込まれなきゃならんのだと、言っても、最終的に説き伏せられて、なぞの解明を手伝わされる。
 今日は平穏に生活したい。そんな俺の願いはいつかなえられるのやら。


ある日の放課後の部室にて

佐藤「普通な言葉なのに変な風に聞こえるのってあるよね」
 
急に何を言い出すんだこの女は。

雄清「例えば?」

佐藤「完全変態とか。超犯罪者じゃん」
 
馬鹿か。

雄清「夜の保健室も、変な風に聞こえない?」

お前も乗るな!

綿貫「体液の付着したタオルっていうのも変に聞こえますよ」

ああ! 綿貫までもが馬鹿どもに毒された。俺は悲しい。

佐藤「深山はなんかないの?」

あっ、いいの思い付いた。

俺「人用搾乳機」

雄清「……アウト」

佐藤「サイテー」

なんか俺だけ当たり強くないか?ぐすん。

綿貫「……深山さんのエッチ」

綿貫!お前まで俺を。……いや待てよ。

俺「もう一回言ってくんない」

綿貫「深山さんのエッチ!」

おお。

俺「もっと」

綿貫「深山さんのエッチ!!」

俺「ああ、いい!」

佐藤「ほんっとサイテー」

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    深山
    綿貫
    雄清
    佐藤
    完全変態
    美少女
    搾乳機
    綿貫さやか
    山岳部
    高校生活
    体液
    幼馴染
    お前
    なぞ
    部室
    放課後
    馬鹿ども
    超犯罪者
    厄介ごと

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2018/12/29 19:10:09

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
恋愛ブレインで分析した結果、恋愛との相性は604aiと判定されました。
恋愛の要素をおさえつつも、他のジャンルの要素も含まれているようですね。
文章のバランスが良く、読みやすいと感じました。

適度な割合で用語を用いてしっかりとした文章構造になっている作品ですね。
あとは分析結果の「文章の傾向」を参考に調整をしてみると、より良くなると思います。

読んでいてどんどん話に入り込んでいける作品でした。
分析結果を是非、小説執筆の参考にしてみてください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
夢中になって読んでしまいました。作品に対する情熱を感じました。

基本情報
構成要素分析と相性診断
恋愛
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      16文字

      一文が長いかな

    • 平均句読点間隔

      14文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      23文字

      改行までの文章が長いかな

    • 名詞の出現率

      19.05

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      12.04

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.1816

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.6072

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      52.29

      ちょうどいいね

    • 特殊語の出現率

      16.42

      記号などが多いかな

    • 地の文とセリフの割合

      7:3

      セリフが多いかな

    • 空行率

      8.36

      空行が少ないかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      68

      表現力がかなり豊かだね

    • 単語の重複率

      23.83

      かなり多くの単語 を使っているね