どうも、悪役にされた令嬢ですけれど

奏多

子爵令嬢リヴィアは困っていた。
とある伯爵令嬢が、自分を悪役に仕立て、そのせいで婚約破棄されてしまうから。それならば次へ行こうとしたものの、婚約を打診した相手から次々と嫌がられる事態に。
それもこれも、伯爵令嬢シャーロットがリヴィアに難癖をつけて評判を落とし、悪役扱いをしたからだ。
このままでは結婚できない。
困ったその時、「じゃあ、僕と婚約してみるかい?」と言ってくれたのは、友人のセリアンだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    子爵令嬢リヴィア
    悪役
    伯爵令嬢シャーロット
    婚約
    セリアン
    難癖
    悪役扱い
    事態
    評判
    友人
    相手
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

このページは、小説について紹介しています。
小説に関するいろんな情報を見ることができます。

クルミちゃん

面白そうな小説だね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち