神の手によって異世界に転生したので、神の御威光を広めようと思います (外部サイトで読む

アクシア

 両親の抱えた借金を返済するべくブラック企業務めでも文句を言わずに働いていた鴻上敦であったが、彼の人生は唐突な最後を迎える。自身にかけられた多額の生命保険欲しさに両親の手により殺されてしまったのであった。
 だが、捨てる神あれば拾う神あり。最低な両親の下、何一つ満足のいく幸せを手に入れられなかった敦であったが、彼は神の手によりチート能力を与えられ、異世界へと転生する。

「俺を救った神はなんと素晴らしい存在なのだ!」

 前世の記憶を持ち、最強の力を手に入れた敦は、なんと異世界の地で自らを救った神の威光を広めるべく神官となり宗教活動を始めた!
 おいお前改宗しないか? 転生神を崇めよ! 神の加護ぞある! てめーさては異教徒だな? あらゆる弾圧にも権力にも屈しない鋼の狂信者となった敦。
 入信者という犠牲者を仲間に増やしながら彼は今日も元気に神の偉大さを説くのであった!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    入信者
    御威光
    狂信者
    異教徒
    両親
    鴻上敦
    てめー
    チート能力
    神官
    ブラック企業務め
    加護
    犠牲者
    生命保険欲しさ
    弾圧
    転生神
    前世
    宗教活動
    権力

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち