異世界最強の戦闘職は、生産職だったようです。 ~最強スキル【創造】で転生無双~

遠野九重

ブラック企業で酷使された男は、終電のなかで不思議な夢を見た。
「勇者、魔王、賢者、どの役割を望みますか?」「面倒くさいのはどれもお断りだ」
……その結果、勇者でも魔王でも賢者でもない、規格外の存在として異世界に転移する。
彼が手に入れたスキルは【創造】、素材をもとに最高級のアイテムを生み出す力だった。
彼はスキルを活かし、生産職として身を立てようとする……ものの、そのアイテムはあまりにチートすぎた。
ドラゴンをまっぷたつにする木剣、あらゆる魔法を反射するおなべのフタ。
チートなアイテムの数々で騒ぎを巻き起こすうち、彼は冒険者として成り上がっていくのだった。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品を評価した読者がいますよ。
ファンが付いているのかもしれませんね。

クルミちゃん

どんな評価になっているのかな?

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち