黄昏の巫女と愚かな剣聖 (外部サイトで読む

初仁岬

主人公、葛城柊真には憧れを抱く少女がいた。
いつもクラスの端で外を見ている彼女はどこか儚げで、それを眺めるのが柊真の日課だった。
しかし、彼女には秘密があった。
それを知ってしまった柊真は、彼女を守るために裏の世界へと身を投じる――
「君に何度“愚か”と言われようとも、僕はこの愚行をやめない。君を守る――それが僕のやりたいことだから」
これは、夢を失った少年と夢を諦めた少女の物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    柊真
    葛城柊真
    剣聖
    少女
    彼女
    愚行
    黄昏
    巫女
    日課
    主人公
    クラス
    憧れ
    少年
    物語
    何度
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち