竜胆院リンネの怪奇譚――人を喰らいし闇のもの―― (外部サイトで読む

おきらく

 明静十五年。異邦の文明がほどよくまぶされたころ。
 首都である京あずまでは『隠』の存在が確認された。
 ひとと『隠』とは共存し得ない。
 食われるものと食うものに、共存はありえない。
 隠の存在が民衆に知れわたって一年の月日が経ったある日。
 ある女学生の悲劇は起きた。


 女流作家の竜胆院リンネが、人食いである「隠」について調査していくお話。モガの編集者がでてきたり、ひと嫌いの新人画家がでたりするよ。ミステリー風ファンタジー風サスペンスになる予定。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    竜胆院リンネ
    人食い
    異邦
    女学生
    京あずま
    ひとと
    ミステリー風ファンタジー風
    怪奇譚
    モガ
    女流作家
    編集者
    新人画家
    民衆
    存在
    共存
    明静十五年
    首都
    文明
    月日

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち