王と奴隷のファンタジカ (外部サイトで読む

文月 竜牙

 皇帝と娼婦の子、ルカは平民として暮らしていた。彼は幼い頃にいじめにあって心を鎖してしまったものの、奴隷の少女レナと出会ったことで立ち直った。そのときから、ルカにとって大切なものはレナだけであった。しかし、跡取りの居ない状態で皇帝が崩御し、ルカは突然志尊の座へと祀り上げられる。最愛の少女と引き離される形で。
「レナの居ない世界に価値なんて無い」
 そう断言した新皇帝ルカは、他の全てを捨ててでもレナを取り戻すことを誓う。その一方で、ヴァルカニア帝国を取り巻く社会情勢も、大きく動きつつあった。

 これは、皇帝と奴隷の夢物語(ファンタジカ)である――!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ファンタジカ
    ヴァルカニア帝国
    レナ
    皇帝
    奴隷
    志尊
    跡取り
    夢物語
    平民
    少女レナ
    新皇帝ルカ
    娼婦
    社会情勢
    最愛
    いじめ
    幼い頃
    一方
    価値
    全て

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち