聖女が異世界に残った理由

永野水貴

異世界に召喚された結月は、聖女としての役目を終えてそのまま異世界に残ることにした。
褒美になんでも与えると言われ、“アルシュ”を望んだ。
彼こそが、結月が異世界に残る理由だった。
一方通行にすぎぬ執着だとしても、軽蔑され憎悪されるとしても彼がほしかった。
与えられた邸宅で、結月はアルシュとともに暮らし始めるが…。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は読者に評価されています。
評価はこのページで出来ますよ。

クルミちゃん

あなたも読んで評価してみてね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち