エンドレスゲーム ~夢見る城~ (外部サイトで読む

桜咲秀一

ボクの命を救ったのはゲームでした。

~元大手ゲームメーカーのクリエイターが描くゲームを巡る人生の冒険の話。

あらすじ
 朝目覚めた時、思い出せない夢はどこへ行ってしまうのだろう?
 二つ目の太陽が昇る頃に出逢った風の精霊ヒューポーと友達になった僕は、恐ろしい魔物に襲われる夢を見る。それが世界の謎を解き、救世主となる冒険の始まりだった。
 それは「シャトー・ドゥ・ファントーム」というゲームの話。
 少女はいじめを苦に自殺しようとした時届いたそのゲームに運命を感じ、ゲームに自分の分身を残してから死のうと考える。
 少女とゲームのプロデューサー、開発スタッフたちの運命の出逢いによって、ゲーム開発会社の本部長たちの陰謀から自分たちのゲームを取り戻す戦いが始まる――。

※この小説は小説家になろう、Pixivにも掲載しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ゲーム
    精霊ヒューポー
    シャトー・ドゥ・ファントーム
    クリエイター
    冒険
    恐ろしい魔物
    プロデューサー
    運命
    エンドレスゲーム
    少女
    救世主
    小説家
    二つ目
    あらすじ
    元大手ゲームメーカー
    本部長たち
    出逢い
    分身
    陰謀
    いじめ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

32年間大手ゲーム開発会社の現場でディレクター、プロデューサーをやってきた経験を活かして、ゲームを題材にした小説を書いてみようと思い立ち、ようやく完成しました。
せっかく書いたものなので、誰かに読んでみてもらいたいと思って投稿します。
よかったら読んでみてください!