補助魔導士という良く分からないジョブ適性だったので、取りあえず剣士やってます (外部サイトで読む

へたまろ

こことは違う場所、違う世界。
アザワルド。
その世界では、人々は14歳になると自分の職業の適正を知る事ができた。
剣を目指していたものが、商人だったり。
はたは教師を目指していたものが、魔導士だったり。
とかくままならないことも、少なくは無かった。

それでも子供達は、まだ見ぬ自分の職業に想いを馳せ。
希望が叶えばと、やりたいことを一生懸命頑張っていた。

その少年も例外ではない。
騎士であり、兄でもあるヒューゴに憧れ。
手にタコを作る程に情熱を注いだ、剣術。

それでも人並みにしかならない実力に不安を抱きつつ、待ちに待った運命の14歳。
そして、教会で受けた職業鑑定の儀……
その結果は。

剣を愛し、剣に見捨てられた少年が、剣を手になり上がっていく。
一人の幼い剣士が苦難の末に見た景色。
皆も刮目して見よ!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アザワルド
    職業
    ヒューゴ
    ジョブ適性
    補助魔導士
    幼い剣士
    少年
    剣術
    職業鑑定
    ままならないこと
    苦難
    はた
    商人
    騎士
    例外
    タコ
    世界
    情熱
    教会
    教師

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち