魔術師リラクは働きすぎない-最凶の回復魔術師 (外部サイトで読む

海月涼輔

 魔獣討伐を生業とするハンター達は仲間を集いユニオンを結成した。
 ハンター達はお互いを助け合い、魔獣討伐を行っていた。

 ——だが時代は変わった。

 ユニオン内に明らかな上下関係が誕生し、仲間という概念が失われていったのだ。
 所属するハンターを奴隷のように働かせ、若いハンターが過労死する事件が勃発。
 最早、社会問題になっていた。
 深刻に思った国の王は、横暴するユニオンを『ブラックユニオン』と名付け、制裁処置をする『ハンター保護法』を制定した。

 しかし制定してから半年、全てのハンターは未だにそのことを知らずにいた。
 まだ世の中のハンターは『ブラックユニオン』に苦しめられていたのだ。

 リラクは師であるルーティアから、「若者は外で働け」と言われて村を追い出されていた。
 仕方なくハンターをしながら旅をして、カロウセの町で幼馴染に再会した。
 幼馴染の話を知り驚く。
 幼馴染が所属するホワイトファングがブラックユニオンであったのだ。
 カロウセを舞台に、リラクを中心に騒動を巻き起こす。
 その、最凶の回復魔術を持って……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    カロウセ
    ハンター
    ブラックユニオン
    リラク
    魔獣討伐
    幼馴染
    最凶
    魔術師リラク
    ハンター達
    ハンター保護法
    ホワイトファング
    横暴するユニオン
    ルーティア
    制裁処置
    回復魔術師
    若いハンター
    ユニオン内
    生業
    仲間
    勃発

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち