それでも私は幸せだった

あさみ

 父の経営しているパチンコ店で働く岡田 久美は、フィットネスクラブで林 正人という男性と知り合い、お互いに好感を持つようになる。久美には亜美という名前の妹がいて、別のパチンコ店で働いていた。

 ある日旅行に行った亜美が突然行方不明になる。久美は正人に協力を求め、得られた情報を元に二人で妹を探すが、見つからなかった。その亜美は旅行先で不慮の事故に遭い、過去の記憶を失っていたのだった。

 亜美は退院後、助けてくれた佐々木 健太という男性の家に引き取られ、新たに佐々木 美幸という名前に変わる。そして健太の両親が経営する旅館で働きながら、ひとつ屋根の下で暮らしている内に、彼と相思相愛になる。一方、久美と正人も妹を探しているうちに、愛し合うようになった。

 妹が失踪してから十二年後、姉の久美は新たに掴んだ情報を元に、妹を探しに出掛ける。果たして亜美は見つかるのだろうか?そして記憶は戻るのだろうか?

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    久美
    亜美
    パチンコ店
    正人
    健太
    佐々木
    相思相愛
    フィットネスクラブ
    美幸
    不慮
    記憶
    ひとつ屋根
    旅行
    男性
    好感
    岡田
    名前
    旅館
    両親

    Web Services by Yahoo! JAPAN

お知らせ

ペンネームの「あさみ」をクリックすると、掲示板のアドレスがあります。入室パスワードは
「MPV11356」です。

目次

恋愛ミステリー

出会い
更新日:2019年07月25日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち