勇者な御主人と飼い犬の私 (外部サイトで読む

高柳神羅

 私は犬である。
 名前はブランキシマ。通称ブランカ。白い毛並みで、体がそれなりに大きくて、少しばかり知恵が回るだけの、ただの犬だ。
 私の御主人──ファミルザ・グルーシスは、世間では『勇者』と呼ばれる偉大で誰からも尊敬される人物である。武芸の腕は一流、魔法の腕も一流、手先も器用で、何でも知っている。まさに勇者となるべく生まれてきた、選ばれし者だ。
 しかし、それはあくまで人間社会の中での一般的な認識である。
 私からしてみたら、御主人はとにかくどんくさくてそそっかしい、危なっかしくてとても一人で外を歩かせられないような世話の焼ける情けない人物だった。
 これは、そんな『勇者』たる御主人とその飼い犬たる私との暮らしの様子を綴った物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    御主人
    飼い犬
    勇者
    ブランキシマ
    ファミルザ・グルーシス
    通称ブランカ
    武芸
    白い毛並み
    情けない人物
    手先
    世話
    知恵
    暮らし
    人間社会
    世間
    魔法
    様子
    一人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち