二周目チートの転生魔導士 〜最強が1000年後に転生したら、人生余裕すぎました〜 (外部サイトで読む

鬱沢色素

強くなりすぎた魔法使いは、一周目の人生に飽き1000年後に転生する。
しかしクルトとして転生した男が見たのは魔法文明が衰退した世界と、1000年前よりはるかに弱い魔法使い達であった。
クルトは『欠陥魔力』だと間違った認識をされていたが、彼だけが知っている。

「欠陥魔力? なにを言う。最強・最高の黄金色ではないか」

やがて最強魔法使いは魔法学園に通い、二度目の人生でも無双する!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    クルト
    欠陥魔力
    転生魔導士
    最強魔法使い
    黄金色
    人生
    弱い魔法使い達
    魔法文明
    魔法学園
    無双
    二周目チート
    人生余裕
    一周目
    認識
    1000年後
    なに
    世界
    1000年前

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち